英語教育は何歳から始めればよい?

子供の英語教育はいつから始めたらよい?

早期英語教育のメリットとデメリット

「臨界期」という言葉をご存知でしょうか?
臨界期とは、人間には物事を習うのに最適な時期というものが存在し、それを過ぎるといくら努力してもなかなか身につかないという考え方です。
観阿弥が書いた『風姿花伝』という書物には、習い事は満6歳から始めるのが良いと書かれています。
また、習い事は6月6日に始めると良いとも言われています。
「6月6日」は「6歳」との単なる語呂合わせだと思いますが、今からおよそ600年以上前の書物に早期教育についての記述があるのは大変興味深いことではないでしょうか。
現代では6歳は小学校入学時期と重なるため、「小学校1年生から英語を習わせたい」とお考えの方も多いと聞きます。
ただ、英語の早期教育には賛否両論があります。
例えば9歳までに英語の学習を始めると、遊び感覚で習得できるので上達が早いという説があります。
さらに、生まれたばかりの赤ちゃんはどんな言語も聞き分ける能力があるとする説もあります。
しかし一方で、臨界期の存在自体が疑わしいとする説や、9歳を過ぎてからでも十分に間に合うという説もあります。
早期英語教育のデメリットについても様々な発言がネットにあふれています。
情報が錯綜し、何が本当なのか分からなくなってしまいますね。
こちらでは、英語の早期教育のメリットとデメリット、学習方法、お子さんが小さいころから英語を習わせる時に注意するべき点などについてご紹介しています。
お子さんが将来英語で苦労しないようにとお考えの親御さんにお読みいただければ幸いです。

おすすめリンク

類塾が提供している充実のサポート体制

子どもたちの教育を得意とする類塾では、子どもたちが安心して学べるサポート体制が整っています。

類設計室は生きる力にあふれた社会を目指します!

建築設計を通じて類設計室は人づくりや地域づくりに貢献、活力にあふれた社会を目指しています!

子どもたちの力を引き出す類塾の勉強法

可能性を秘めた子どもたちの力を引き出すため、類塾では特別なメソッド・学習法を導入しています。