>

子どもの英語教育を始める時期はいつごろ?

早期英語教育のメリット

「構えずに学べる」という点がメリットの一つです。
小さいうちは英語を外国語としてではなく、日本語と同じ感覚でとらえることができるため、先入観がありません。
英会話教室で外国人の先生に話しかけられても臆することなく、楽しそうにしゃべっているのは子供たちです。
学生のころ英語で苦労した大人は苦手意識が先立ってしまい、英語に対してアレルギーを持っている方も多く、外国人に話しかけられても委縮してしまい、何も話せないものですが、子供にはそのような感覚はありません。
私たちが苦労した英単語や文法の暗記も遊びながら身につけることができます。
そして、子供はまねることも上手です。
そのため、日本人には難しいと言われているLとRの発音なども発音を聞いて真似しているうちに、知らぬ前に習得することができます。

早期英語教育のデメリット

よく言われることは、日本語も満足に話せないのに、英語を学ぶと脳が混乱するということです。
脳が混乱するという表現が適切かはさておき、確かに母国語の日本語をおろそかにすることはやはり良いことではありません。
日本語と英語では語順も全く違うため、親御さんが英語教育に熱心なあまり、「家の中では日本語禁止」など、極端に英語中心の生活になってしまったら、カタコトの日本語しか話せなくなってしまう恐れがあります。
子どものうちから自分の気持ちや考えをきちんと言葉にして表現する力をつけるのが最も大切です。
ただ、お子さんが英語を学習している時も日本語で話しかけるなどの対策を取れば、それほど心配することはないとも言われています。


この記事をシェアする